バナー

男性特有のAGAが原因の薄毛治療

男性と女性では薄毛の原因が違います。
女性は女性ホルモンの量の減少により、主に頭頂部から毛の量自体が減る脱毛症がほとんどです。

対して男性はいわゆるM字ハゲと言われる額の両側が薄くなるもの、O字型と言われる頭頂部が薄くなるもの、またそのふたつの同時進行型もありますが、男性ホルモンの影響で髪の毛の数は変わらないのに毛自体が細くなるため、薄毛に見えることがほとんどです。

こういった男性型の薄毛のことをAGAと言います。

男性ホルモンが毛の根元にある発毛指令を出す毛乳頭を刺激することで、髪の毛の成長期がとまってしまうために髪の毛が細く産毛のようになってしまうAGAの薄毛治療には飲み薬が適用されます。

今までは薄毛治療といっても増毛や、エステでの頭皮を清潔にして血流を改善するなどの対処が限界だったのに対し、自毛を生やせる発毛を促すこの薄毛治療は画期的です。

まずはAGA治療を標榜している医療機関を受診し、自らの薄毛が男性型の脱毛症かどうかの診断から薄毛治療は始まります。



その後は通常成人男性なら一日一錠の薬を忘れずに飲み続けるだけです。

NAVERまとめについて知りたいならこちらです。

この量は医師の判断で増やされることもあります。



飲む期間も診察の上で決定されますが、基本的に6か月が目安となります。

それまでは効果が目に見えないからといって自己判断で薬を飲むのをやめたりせずに、毎日きちんと薬を飲み続けることが一番大切なことです。

現在では保険がきかない自由診療になるため、費用の面もきちんと確認が必要です。